« 拡がる | トップページ | 時間 »

黒の美学

明治以前の日本の、喪服は“白”だったsign01って、

この間、初めて知ったんですが、そういえば、亡くなった人は、白装束ですよね。

世界標準は、黒で、日本だけが白だったので、世界に合わせたらしいです・・・。

それに加えて、日本の特に既婚の女性の祝いの着物は、

“留袖”黒sign01ですよねeye

男性も、紋付袴の上の方は、黒。

おめでたい席では、大抵、黒って、嫌われる様な気がするのに、

日本人には、黒の美学があったんでしょうかね・・・

今度、ゆっくり感じてみたいです。

by kimi

« 拡がる | トップページ | 時間 »

」カテゴリの記事

コメント

クローゼットのどこを見ても、黒ばっかり!の私としては、「黒の美学」なんてものがあるんだとしたら、すごく嬉しいと思う。黒があるから他の色が引き立つ。黒があるから白が美しく見えるんだと思う。

全ての色をたすと、黒になるように、
(赤・青・黄だけで、黒になるんだけど・・・)
黒には、何か力があるのかもねhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 拡がる | トップページ | 時間 »