« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

不動の滝

Dsc_0020_640x433“青い池”のそばに、“不動の滝”があります。

誰が名付けたのか知りませんが、

ここの場所の雰囲気を、十分に表す名前だな、と感心します。

まさしく、仏教のお不動さんって感じ。

“青い池”“十勝岳”“白髭の滝”と、全然ちがうsign01                          

Dsc_0011_640x360

(白髭の滝も写真UP)

何が違うのかsign02というと、不動の滝へ行く森からして、

例えは悪いかもしないけど、お墓参りに行く様な感じがする・・・。

(あっ、決してオドロオドロしい怖い感じと言っているのではありませんsweat01

何て言うか、仏教系のニオイがするというか・・・。

こんな近い場所どうしでも、その土地その土地の、カラーがあり、

その影響によって、人も、言葉も、宗教も、変化していったんだろうな~

って、改めて感じさせられます。

この地球上に住む私達人間の人種や、考え方、生き方、などが、

その土地によって違うのは、全て、地球ガイアの影響だったと言う事なんでしょうねhappy01

by kimi




十勝岳

Dsc_0018_640x360昨日書いた“青い池”へ行った後の、

十勝岳の写真です。

まだ、春の様に雪が沢山ある山でしょうsign02

だけどこの日は、30℃もあり、

なんとも不思議な景色でした。

Dsc_0017_640x360そして、光を降ろさせて頂くと、写真にも、

綺麗な光をもらいましたよnote

本当に、美瑛は、その土地全体が、

パワースポットじゃないかな?と感じるほど、

良い場所です。

Dst130610081次の日のニュース

幌管区気象台は9日、北海道上富良野町と美瑛町にまたがる十勝岳(2077m)
の大正火口付近が発光して明るく見える現象を観測したと発表した。
火山ガスや硫黄が自然発火したとみられるといい、気象台は「噴火の兆候は認められ
ないが、火山ガスが風下の登山道にまで流れる可能性がある」として注意を呼び掛けた。
十勝岳では、昨年6~8月にも同様の現象が観測された。

十勝岳に光を降ろさせて頂いたその日に、発光現象が観測されていたなんて、

なんだか不思議ですね~shinehappy01

by kimi

青い池

Dsc_0007_640x360先月の暑い日曜日、美瑛の「青い池」に行って来ました~happy01

綺麗でしょう~shine静かそうでしょsign02

でも、この池の周りには、沢山の観光客で、溢れてました。

早速、Reiちゃんと、一緒に瞑想すると、

“うるさいsign01うるさいsign03うるさいannoy”と聞こえて来ました。

ここの主が、物凄く「静寂」を求めている声が聞こえます。

沢山の人・人、そして、近くでやっている、クレーン射撃?のような音impact

確かに、本当にうるさかった・・。

瞑想が終わり、Reiちゃんに、“無言”を合図し、一言もしゃべらず、駐車場まで帰って来ました。

確かに綺麗で、一目見たいsign01と思う様な場所なので、

大勢の人が来るのはもう、しょうがない事だと思います。

だけどどうか、ここの主の願の通り、しゃべらず、無言で、静かに訪れてくださいね~。

by kimi





魂の鍵

過去に色々な人と出会ったり、お付き合いする中で、

本当の魂の片割れの様な存在の人を、

僕は、ずっと探していたような気がします。

気を遣われたり、見た目のイメージで接してくる人・・・等、

中々、本当の人に出会う事は難しく、一生ないのかもしれない・・・と

半ば、諦めかけていました。

周りの友達には、「俺は、孤独死するかもしれない・・」とよく言っていたものです。

結婚も出来ず、本当の愛にも出会える気がしなかった・・・

だんだん心も擦れていき、「女は、アクセサリーの様なもの」などと、

友達に言いながら、心の中では、まだ、諦めきれずに、

もがき、本当の人を探し続けていました。

そして、僕は幸いにして、kimiと出会う事が出来ました。

お互いの心の鍵を持った存在

心の扉を勝手に開けて、入ってこられても、

心地良い存在がいる、という発見。

そして、僕も、相手の心の中に、侵入出来ている事実。

振り返ると、自分の鍵を持った人って、いるんだなぁ~ってしみじみ思います。

求め続ける想いは、きっと形になっていくと、信じています。

夢見てる、開かずの扉、愛に満ち。学びの俳句

by Rei

自然のリズム

人は、時間という制限の中で生きています。

その中で、何かをしなければいけない。

目指すゴールの途中には、スムーズにいかない焦りや、怒り、そして、

冷静さを欠いてしまう出来事や、色々な、障害が待ち受け、

ゴールには、たどり着けそうもない焦燥感に陥り、そして諦める。

そんな負の連鎖というのでしょうか。

「溺れる者は、藁をも掴む」といいますが、結局、藁しか掴めないのです。

藁では、溺れてしまいますよね!?

僕は、仕事の上で、1日は24時間ある!

自分が頑張ればいいんだ!

大げさだけど、2・3日寝なくてもいいなんて、

苦労大好き人間の癖(?)がありました。

しかし、スピリチュアルに出会って、宇宙信頼を意識し出すと、

時のタイミングがある事に気付いたのです。

ふっと、浮かぶイメージや、感覚を見過ごさないで、意識すると、

スムーズな自然のリズムに乗れる事に、気付きます。

自然のリズムに乗ると、サポートがどこからともなく、やって来ます。

それはきっと、物事を自己責任と受け入れ、

苦労と思えることさえ、楽しみに変えていく事が出来た時に、

物凄く沢山起こりやすい様に思います。

乗り越えた、想いと涙、過去の夢。学びの俳句

by Rei

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »